So-net無料ブログ作成
検索選択

プラモデル製作その16

 プラモデル製作第16弾は妖怪ウォッチのUSAピョンです。
 製作過程はこんな感じです。まずはいつものようにスジ彫りをさらにけがいてはっきりさせ、合わせ目をパテとフィニッシングペーパーで消し、背中のタンクなどの肉抜きしてある部分をエポキシパテで埋めて整形します。ここまでは定番の改造です。
 さらに手を加えたところは目と鼻に一体化していた凸型の口を切り飛ばし、顔の表面に凹型の口と舌のディテールを作りました。
 腕の太さが同じで単調だと生物、いや妖怪らしさがないかなぁと思いパテを使って強弱を付けました。グローブ部分もプラ棒とパテで作り直しています。さらに足も細く靴も小さく感じたので、プラ棒とパテで作り直しました。でも、もっと太く、そして大きくしても良かったかな。
 グレーのベルト? 部分も平坦だったのでパテでボリュームを出しています。手にしている銃や全体の宇宙服も市販パーツやプラ板を使ってディテールアップしてみました。
 塗装はアクリル塗料で行い、最後につや消しトップコートを吹き付けて完成です。
FOTO017.jpg
FOTO018.jpg
FOTO019.jpg
FOTO020.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る