So-net無料ブログ作成
検索選択

10ブンデスリーガ、ユニオン・ベルリン対ボーフムに行ってみた前編

 今回のドイツで行く予定にしていた7試合のうち、僕はこのベルリンでの試合がもっとも不安でした。まず、これまでベルリンに行ったことがない。初めての地は当たり前だけど知らないことばかり。しかもFCユニオン・ベルリンの本拠地はベルリンの中心地から少し離れていたところにあり、スタジアムへの行き帰りの交通手段などいろいろと心配がありました。
 そんなマイナス要素を少しでもなくすために、本拠地を調べてなるべくその近くにあるホテルを予約します。最近は外国で宿泊する場合、そのホテルがインターネットに接続できることが大原則なので、チェーン展開されているビジネスホテルに泊まることがほとんどです。
 で、6日ニュルンベルグから長距離列車でベルリン中央駅方面へ向かい、その手前のベルリン-Sudkreuz(アルファベットのところは正しい発音が分からん)で下車。そこから近郊電車に乗って、ベルリン-Spindlersfeld(こちらも発音が分からん)駅近くにあるホテルに宿泊します。
 駅を降りて地図を頼りに歩いてホテルへ。このホテルがチェーン化されているものとしてし、実に個性的なホテルでした。ホテル内、部屋の内装、石鹸なんかの備品も可愛らしく凝っていて(まあ、ちょっとやり過ぎかなぁというところもあったけど)、フロントは吹き抜けになっており、もちろんこの時期なのでクリスマスツリーが飾られています。チェックインカウンターが四角四面で、その三面がバーカウンターになっており、明かりが抑えられていて、なかなか落ち着ける雰囲気のところでした。今度、FCユニオン・ベルリンの試合に来る機会があったらまた宿泊したいと思ったホテルでした。
 このホテルからスタジアムへの距離は約2キロ。心配なのはナイターなので帰りです。僕の調べ不足と言われたらそれまでですが今回、試合に行く予定にしていたスタジアムへのアクセスの仕方が分からなかったのがこのFCユニオン・ベルリンでした。公共機関でのアクセスが分からないとなると、日本のように流しのタクシーはないだろうから(ボルシア・ドルトムントのようは大きなクラブでは、客待ちしているタクシーが何台も並んでいたけど)、そこでどうするかと考え、夜は怖いけど勇気を出して歩いて帰ってくるかと当初は予定していました。そのために地図をプリントアウトして持って来ていました。
 それがホテルのフロントの人にスタジアムへのアクセスの方法はないのかと聞いてみると、目の前のトラムで乗り換えがあるけど行けるとのこと。しかもわずか四つ先。まあ、すべての人がスタジアムへ自家用車と徒歩で行くわけがないので、必ず公共機関はあるんだろうけど、これを聞いてホッとしました。
 それならばと、スタジアムに行く前にトラムの駅で、なに行きの何番のトラムに乗れば良いのか詳しくチェック。不安をひとつずつ解消していって、いざスタジアムへ向かいます。
 FCユニオン・ベルリンのマスコットは中世の兵隊さんです。このマスコットが試合を盛り上げようと試合前にはピッチの周辺を回り、サポーターと交流をもっていました。で、なにってそのマスコットの大きさがデカイ。もともとなかに入っている方が大柄なのでしょうけど、兵隊顔の被り物を被っているため、その身長は2メートル50センチとかあったのかな。このマスコットは棒の先に鎖、そして鉄球にイボイボがくっ付いたガンダムハンマーみたいな武器(ガンダムハンマーみたいな、という言い方は間違いかもしれない。なぜなら時代設定を考えると、こちらの方が先だからオリジナルはこちらになるのかな)を持っています(もちろんビニール製。それに空気が足りないのかちょっと凹んでいた)。
 試合中はピッチの周囲で観戦していて(僕の横でも見ていたよ)、味方に不利な判定や惜しい場面があると鉄球をぐるぐる回して悔しがったり、盛り上げたりしていました。でもねぇ、この中世の兵隊さんのマスコットが実に可愛いんだよね。人形、ほしくなったもん。
 で、余談はここまでにしてようやく試合のこと。試合前にはクラブのテーマソングが流れ、サポーターたちがマフラーを掲げてチームを鼓舞します。男性、女性、年配、子供を問わず声を張り上げます。お父さんが小さい子供にマフラーを掲げようと促している場面がありましたが、その光景は実に温かみがありました。
 自分たちが応援するチームが強くても、弱くても構わない(まあ強い方が良いんだろうけど)。地域と密接にあるクラブは、こうしたさまざまな世代のサポーターたちによって支えられているんだね。ちょっとウルッてきたよ。
 で、ここまで話が長くなったので続きは次回にします。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 1

スポーツ三昧

たぶん「スッドクラウツ」「スピンドルスフィールド」と発音するのでしょうね。ベルリンには、4年前のワールドカップ以来行っていませんが、ベルリンのレポート、興味深かったです。
by スポーツ三昧 (2010-12-13 02:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る