So-net無料ブログ作成
検索選択

10なでしこリーグ最終節に行ってみた

 近年のなでしこリーグ最高のカードを最終節に設定したことは大正解でした。どのチームが優勝するにしても、これが最終節を待たずに決定してしまったら、なでしこリーグ2強の直接対決は消化試合となってしまうことを考えると、このカード設定は賭けの部分もあったでしょう。しかしこうして最終節で、しかもその対決するチームの勝敗によって優勝が決定したのだから、実に良かったのではないでしょうか。
 ホームとなった浦和レッズレディースと日テレ・ベレーザの対戦を見たのは、オールスターゲームと同じ日に行われたなでしこリーグカップに続き今シーズン2回目です。僕が見る限り、その実力の差はまったくない感じ。
 では、試合内容。日テレ・ベレーザの攻撃で目に留まったのは、サイドライン際を突破してグラウンダーのパスを中央へ折り返す。そのボールに走り込んで来た選手が合わせるという攻撃。先制点の形もこれだったのですが、ゴール前で待っている選手に合わせるのではなく、シュートを放つ選手も走り込む、スピードに乗り点で合わせるというこの攻撃で、日テレ・ベレーザは何度かゴールを予感させる場面を作っていました。
 対する浦和レッズレディースは守備面のオフサイドトラップが巧みでした。日テレ・ベレーザの攻撃の旗手、大野忍選手なんかは相手ラインギリギリのところで抜け出そうとするプレーを狙っていたようで、際どい駆け引きを何度も繰り返していた。そのため浦和レッズレディースのオフサイドトラップが効果を見せていましたが、これは守備側の巧みさと、そのラインをギリギリのところで突破しようと狙っていた大野忍選手のレベル高い攻防で、両者を褒めるプレーだったと思う。
 で、結局スコアは3-0の日テレ・ベレーザの完勝で終了し、優勝を決めたのでした。ただ、このスコアがまったく逆になっても不思議ではないくらい両チームの実力は拮抗していたと思う。
 それでも敢えて両チームの差を言うと、やはり日レテ・ベレーザの岩渕真奈選手の存在かなぁ。彼女はまず走れるよね。走ることはサッカーの基本だから、やはり走れた方が良いに決まっている。それに言うまでもなく、高いサッカーテクニックを持っている。高い技術を持っているから余裕が生まれる。ボールをキープしているときなんか、周囲を良く見ているよね。ボールを持っているとき、その足元ばかりに気を取られることなく、良くルックアップしているから次のプレーがスムーズにできる。浦和レッズレディースの二重、三重のマークに引っ掛かる場面も何度かありましたが、自分の思い通りのプレーをたくさんできているようでした。
 それにシュートが上手い。マークして来るDFを完全に抜き去らない、ちょっと無里な体制からのシュートでも、ゴールの枠にしっかりと飛ぶもんね。ホント、改めて言うことではないけど、彼女はサッカーが上手ね。
 女子サッカーの世界では、日本はかなりレベルが高いんだよね。12月にドイツへ行く予定にしているので、いま海外で活躍している日本の女子選手のスケジュールを調べているところです。試合に行けたら、入ってみようかなぁ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る