So-net無料ブログ作成
検索選択

ACLを考えてみた

「ええっ、ウ、ウソでしょー」。思わず声を挙げてしまいました。今回のブログは前回に続きU-22日本に関係したことを書こうと思っていたのですが、あまりにもビックリしたこと(あくまでも僕の個人的なビックリですが)があったので、そのことを書いてみます。
 別にそんなことはまったく自慢することではないのですが、僕のこれまでの人生では結構、飛行機に乗る機会があり(世界を飛び回るビジネスマンからすれば、全然たいしたことないだろうけど)、そのためマイレージが貯まったりしています。その貯まっているマイレージを使って、僕は4月11日に行われるACL(アジアチャンピオンズリーグ)の全南ドラゴンズ対川崎フロンターレの試合に行こうと計画を立てていました。『全南ドラゴンズってどこのチームだ?』から始まっていろいろとインターネットで調べてみると、全南ドラゴンズの本拠地は光陽市という街でした。ソウルからかなり南下したところにあります。それから頑張って調べた結果、光陽市へはKTXが走っておらず、行くとしたらバス移動がベストということが分かりました。光陽市に行くにはプサンからの方が近いのですが、マイレージを持っている飛行機会社をいろいろと調べてみると、プサン着の便がなかったり、あったとしても良い感じの時間に到着するものがなかったので、前日にソウルに入ることに決めました。しょうがないからソウルで1人焼肉でもするか。
 そういう訳で僕が立てた計画は、試合当日にソウルからバスで現地入り。光陽市へはソウルから5時間くらいかかるみたいです。計画はそこまでは楽勝だったのですが、ここから試練が待っていました。光陽市の宿泊施設が見付からないのです。多分、ホテルや旅館はあるんだろうけど、ソウルやプサンのように日本人が多く訪れる街と違って、日本の旅行会社はこの街のホテルをリストに入れてないのよね。ホテル予約を扱っている、めぼしい旅行会社のホームページを探しても、全然ヒットしません。まあ当たり前と言えば当たり前ですが。しかし、エライっ。いろいろとネットサーフィンをして探した結果、光陽市ではないのですが、車で30分くらいの距離にある順天市という街のモーテルを、予約できる旅行サイトを発見しました(いつもは全国各地のスイーツを取り寄せているサイトなんだけど)。翌日にはソウルへ戻り日本に帰るので、光陽市より大きな街(これも多分)の順天市の方がソウルに向かうバスの数も多く、始発も早いのでここに泊まることに決めました。韓国のモーテルというのは、いわゆる日本のモーテルではなく、旅館っていうか、男性1人でも泊まれるところなのよね。これもどこかで聞いた多分の知識だけど。まあ違っていたとしても、ここしか泊まるところを見つけられなかったので、このモーテルを予約しました(日本最大のインターネット販売を行っている会社の旅行業務部門から探し出したので、間違ってもヘンなところではないでしょう)。
 これが火曜日のことだったのですが翌日の昨日、仲良くしているサッカー雑誌社から週刊誌が届きました。本はいつもだったら発売日の火曜日にはポストに入っているのですが、向こうの発送によって水曜日に到着したりもします。そんなことは別にどうでも良いのです。だって毎週、本を送ってもらっているんだから。
 で、今週号のページをめくっているとACLの観戦ガイドが付いていました。ここでビックリしたことがあったのです。全南ドラゴンズのところを見てみると、フォーメーションが書かれていて、そのなかのメンバーにサンドロ・ヒロシの名前が! サンドロ・ヒロシはU-17ブラジル代表に選出された経験を持ち、サンパウロFCなどでプレーした日系3世のサッカー選手です。サンドロ・ヒロシとは、このサンパウロFCに所属しているときに親しくなりました。彼と親しくなった2000年当時、日本はというとこの年の9月に開催が控えていたシドニー・オリンピックに出場する選手たちが、中田英寿たちの世代ということで、オリンピックのサッカー競技はかつてないほど注目を集めていました。ここで中田英寿たちと同年代であったサンドロ・ヒロシに、ブラジル側から見た日本チームはどう映っているのかというテーマなどでインタビューをし、これがキッカケで親しくなったのでした。何度か会っているうちにサラリーが上がったんだろうね、メルセデス・ベンツのパンフレットを持っているときがあったよ。その後は確かポルトゲーザやゴイアスでプレーしていたと記憶しているけど、いまは韓国の全南ドラゴンズに所属しているんだね。う~ん、これは見に行かなければ。って川崎フロンターレのホーム試合でも良いんじゃないのってみんな思うでしょう。でも飛行機のマイレージがあるし、このブログのタイトル通り取り敢えず行ってみることにします。どうせサンドロ・ヒロシは僕のことなんて覚えていないだろうけど、これで韓国に行くモチベーションがちょっと上がったので良かったです。
 でもここまで長々と書いたけど、これがサンドロ・ヒロシ間違いだったらどうしよう。それはないか。それにしてもサッカーって、世界の距離を縮める力を持っているのね。それってスゴイね。なんかスゴイっ。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 1

スポーツ三昧

徳原さん。韓国は旅館たくさんあります。現地で見つければ十分ですよ。わたしの経験では、日本で予約できるホテルなんて高いだけのアメリカンタイプのホテルで面白くありません。4年まえの大邱のユニバーシアードの時に泊まったホテル(現地では『チャン』と呼んでいました)は、1泊1500円で、駅から歩いて5分、オンドル部屋でもちろんバス、トイレ、テレビ、エアコン、電話ついていました。部屋にはなぜかコンドームの自動販売機があり、階段の踊り場には無料のHビデオも置いてあり、見放題。まあ、つまり連れ込み宿ですが…。11泊して10泊分に宿泊料ねぎりました。だいたい高速バスターミナルとか国鉄駅の近くに安宿があるのは世界共通です。でも、ACLでも「行こう」と思えば行ってしまう徳原さんのスタンス大好きです。わたしもお金と仕事があったら行きたいな。
by スポーツ三昧 (2007-03-08 08:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る