So-net無料ブログ作成
検索選択

U-22日本の練習に行ってみた

 僕はチームの技術、精神面のレベルを知るには、試合よりも練習を見た方が分かると思っています。指導者のレベルは試合における選手への指示や交代といったモーションから察することもできますが、特に練習でその真価が明確になります。で、サッカーの練習にはさまざまな方法やレベルがありますが、人を悲しくさせる練習というものがあることを昨日、思い知らされました。というわけで27日、北京オリンピック2次予選の初戦となる対U-22香港戦を翌日(今日)に控えたU-22日本の練習に行ってみました。
 国立競技場に行ってみると、練習が公開されるのは最初の15分だけということでした(おっ、ブラジル的って感じて練習は定刻から始まらず、そして予定されていた時間よりも、もう少し長く練習を公開してくれました)。おそらく相手の偵察を考えて、公開後に大事なセットプレーなどの練習を行ったのでしょう。僕らが見られたのは選手のストレッチやボール回しだけでした。このそれほど重要ではない練習だけで、チームのレベルを推し量ることはできないだろうと言われそうですが、この練習の断片を見ただけで、どうしても僕はこう思ってしまいました。ダメだ、これではと。
 ジーコのチームもそうだったのですが、どうしてもっと、こうなんて言うかなぁ『よし、行こうぜー!』みたいな戦う姿勢を見せられないのかなぁ。親善試合ならともかく、公式戦を前にしてもこれから厳しい戦いに臨むという緊張感がまったく伝わってこないのよね。やるべきことはすべてやって、決戦を前にリラックスしているのだと言うかもしれないけどさぁ、僕がこれまで見た本物のプロのチームが重要な試合に臨む前の雰囲気とまったく違うんだよね。この雰囲気にちょっと呆れて、そしてかなり悲しくなりました。
 例えばブラジルのトップレベルのクラブ(またブラジルの話なのぉと思われるかもしれませんが一応、勤勉さやテクノロジーの世界では日本の方が上ですが、サッカーのことに関して言えばブラジルはすべての面で進んでいると思うので、例に挙げてみます)。リーグ開幕前の合宿なんかを見に行くと、選手たちは開幕が近付くにつれてどんどんプレーと表情が研ぎ澄まされていくのが分かります。戦う集団へと変貌を遂げていくのです。翻ってU-22日本、繰り返すけどどうしてもっと戦う姿勢を見せられないのかなぁ。良い意味での緊張感を醸し出せないのは、チーム全体を統轄する指揮官のせいだよな、これって多分。
 で、相変わらずダメな内容の練習だよね。またまたやることはやって前日の練習なんて軽いウォーミングアップだ、と声を大にして反論されそうですが、その言葉通りのウォーミングアップのほのぼのさは小学生レベルの内容と士気。あれ、僕はどうでもいい練習試合を控えたインファンチールかミリン(ブラジルではプロ、ジュニオール、ジュベニール、その次にインファンチール、ミリンとカテゴリー分けされています)の練習を見に来たのかしら、と錯覚しちゃっいました。
 情報化社会のなかで存在する現代サッカーでは、情報戦というのは非常に大事なものです。手の内を見せないのは、試合に勝つために必要な手段だと思う。でも、いまのU-22日本に秘密にするような必殺技ってあるのかな? あ、非公開にすることによって〝なにもない〟のに〝なにかがある〟ように見せるってことか。相手を警戒させ、精神面に揺さぶりをかけるこの方法は良い一手だね。でもやはり〝なにもない〟より〝なにかがあった〟方が良いんだけど……。実際は〝なにもない〟んだなぁ、これが。
 おそらく今日の試合、U-22日本は勝つと思う。悪いけどU-22香港は、明らかに格下のチームです。先週の対U-22アメリカ戦から調子が上がらないU-22日本のFW陣ですが、ゴールラッシュも決して不可能なことではありません。しかしどんなに大差の勝利になったとしても、僕は心の底から嬉しくはなれないと思う。だってこんな覇気のない練習を前日に見ちゃったんだもん。早くこの緊張感のない状態がダメだと気付いて改善するか、あるいは真剣勝負の場に臨むための、本当のチームの導き方を知っている本物の監督に代えないと、大変なことになっちゃうんじゃないの。まあ冷静に考えてみると、ただ日本がオリンピックの本大会に参加できないってことだけだからね。別に日本が北京に行けないことって、それほど衝撃的なことじゃないかぁ。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 2

スポーツ三昧

とくはらさん。まったく同感です。だいたい私は反町監督ってU-22の監督にまったくふさわしくない人のように思うよ。概して前日練習にリラックスしすぎているチームは、本番は良くないことが多いです。シドニーのときの中田や俊輔のチームは適度な緊張感があったと記憶していますし、練習見ていて面白かったもの。まあ、日本チームには北京にいってほしいけど、オリンピックは16チーム(アジア3枠)、ワールドカップより厳しいんです。オーストラリアはいるし北朝鮮だって強くなってる。なんか、今回は最終予選で負けるような気がします。このままでは。
by スポーツ三昧 (2007-02-28 11:45) 

k-yan

はじめまして、初めてコメントさせて頂きます。
香港戦は後半からのテレビ観戦になったのですが、
(2点入っていたからなのか)あまりの覇気の無さに驚きました!
(テクニックとかは別にして)あれなら失礼ながらJFLレベル
(下手すれば地域リーグレベル)の方が必死さは伝わってくる
のでは?と思いました。
もしかしたらこの試合のブログ更新がいつもに比べて遅めなのも
そのせいですかねぇ?
by k-yan (2007-03-01 22:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る